親子留学でペナンでのんびり学ぶ

マレーシアの北西部に位置するペナン島は、国内第2位の都市ジョージタウンを擁する観光リゾート地として古くから知られています。
リタイアメントされた日本人のロングステイ先として世界の国の中で毎年常に上位3位に入るマレーシアの中でも、特に人気のあるところです。



マレー、中国、インド系といった3つの民族がお互いの文化や習慣を尊重しながら暮らしている多民族国家の成功例として注目を浴び、共通の言語が英語ということもあってペナンでの親子留学が気になるところです。留学期間は、1週間〜のコースが用意されていて、夏休みだけでなく日本の冬休みに合わせたコースもあります。特に日本の冬の寒い時期での、ペナンの南国の太陽は心地よく一年を通じて世界各国から観光客が訪れています。


親子留学では、数十人以上の欧米のネイテイブ講師を擁しているところもあり、マレーシアの国家プロジェクトの中の重点産業の中に教育も挙げられているので、ペナンにもおすすめの学校がいくつもあります。
滞在先は、ホームステイから学生寮、コンドミニアムやホテルが用意され目的に合わせて自由に選ぶことができるのも特徴です。

明日に役立つ朝日新聞デジタルの情報もあります。

ホームステイ先では主に、経済的にも文化的にも中流レベル以上の欧米人か華人と呼ばれる中国系マレー人のお家での滞在となり、朝食と夕食付きです。



滞在先から学校まではバスの利用となりますが、頻繁に便がありますので困ることはありません。


1週間〜2ヶ月といった短期間であれば観光ビザのまま親子留学ができるのも安心で、昼ご飯に関してもペナンの料理の中でも中華系のワンタン麺といった麺類や海南鶏飯などのご飯類も親しみやすい味で、何よりとてもリーズナブルな価格で利用できます。
また、日本食レストランもあり治安もよくのんびりしていることで、ペナンは親子留学におすすめの場所です。