親子留学で人気のカナダでおすすめのバンクーバー

親子留学が近年注目を集めていますが、中でも人気の国に挙げられるのがカナダです。
カナダは移民受け入れに慣れている国で、留学制度は幼稚園や保育園といった小さい子どもから参加できます。
親子留学で特に小学生では人数制限を設けている学校がほとんどで1クラスが約20人前後なので効率よく英語を学ぶことができます。特におすすめが、世界でもっとも暮らしやすい都市のひとつに挙げられるバンクーバーです。



街の中心部には高層ビルが局在していますが、一歩郊外に足を伸ばせばマイナスイオンたっぷりの森林浴を楽しめるエリアもあるほどで街と自然が共生している心にも体にも優しい街です。


また、1週間〜4週間と夏休みの間の親子留学の時期の平均気温が最低で10度、最高が20度前後といった日本の季節でいえば秋の時期に当たるので快適に過ごせます。

カナダ最大の規模を擁するバンクーバー水族館では、海の人気者であるイルカをはじめ数千種類以上の海洋動物がいるので、親子留学でちょっとひと息観光に最適のスポットです。
山海の幸に恵まれ北米では屈指のグルメの街として知られていて、和食のレストランや日本の食材を取り扱っているスーパーがあるので食生活も安心です。

日本経済新聞情報を厳選して紹介します。

人口構成は白人が56%ともっとも多く黒人はわずか1%、アジア系が全体で約33%でうち届け出のある在留邦人が約33、500人とカナダでもっとも日本人が多く住む街です。



移民に対しての理解もあることで、いろんな国や地域の人たちが暮らしているのでバンクーバーでの生活は、異文化交流に最適です。


子どものうちに国際感覚が身に付き、早い時期に外国生活を経験することは、人生において大きな財産になります。
そんな意味でも、親子留学でバンクーバーは特におすすめの街です。